おそうじ本舗ブログ

2852653_m

エアコン掃除がいらなくなるらしいから、少しお高いけれどお掃除機能付きエアコンを購入したという人も多いでしょう。

 

実は、エアコンクリーニング業者をしていると、「お掃除機能付きエアコンなんですけど、なぜだかかび臭いんです」とお問い合わせを頂くことがよくあります。

 

そこで今回は「お掃除機能が付いたエアコンは掃除しなくていい?」という疑問へのお答えと、その対処法をお伝えします。

お掃除機能付きエアコンって、掃除しなくていい?


結論からいいますと、お掃除機能付きエアコンも「掃除が必要」です。



実は、ほとんどのお掃除機能付きエアコンとは、「フィルターが自動で掃除される」だけのことです。

従来型のエアコンであれば、月に1〜2回はフィルターを外して、ホコリを洗い流す作業が必要でした。

それが、お掃除機能付きエアコンでは、フィルター表面についたホコリが自動的に「ダストボックス」に集められるので、フィルターのお掃除が不要というだけなんです。

そして、ダストボックスにたまったホコリはもちろん自動でゴミ箱に捨てるなんてことはできませんので、手動でダストボックスを取り出してホコリを捨てる作業が必要となるのです。

このことをご存知ではなく、ダストボックスのホコリを一度も取り除いたことがないとおっしゃられるお客様も珍しくありません。

また当然ですが、フィルターを通り越してエアコン内部にまで入り込んだホコリは、自動では掃除できず、たまり続けてしまいます。

お掃除機能付きエアコンでも掃除が必要なところは?


では次に、お掃除機能付きエアコンでは、どのようなお手入れが必要なのか、掃除をすべき箇所について説明します。

エアコン内部にある熱交換器には、吸い込んだ空気に混じった油汚れやカビの胞子などがくっついてしまいます。

最上位のお掃除機能付きエアコンには、熱交換器からでる結露水を使ってエアコン内部を自動で洗浄できる機種もでてきました。

確かにエアコンクリーニングの頻度は減らせるですが、奥にまで入り込んでしまったしつこいカビや、室内から染み付いた臭いは、やはり人の手で熱交換器の裏側まで徹底的にクリーニングしないと、取りきれません。

IMG_20111

お掃除機能付きエアコンのクリーニングの頻度と対処方法は?


カビや臭いに悩まされずに快適に暮らそうと思えば、お掃除機能付きエアコンであっても、お掃除機能がついていないエアコンのクリーニングの頻度と同じくらい、1〜2年に1回は必要でしょう。

お掃除機能付きエアコン内部でも徐々にホコリ・カビがたまっていきますし、リビングに設置しているエアコンであれば、油汚れもかなり見られるはずです。

最上位機種の結露水で内部を洗い流して掃除するタイプのエアコンでも、こびりついた汚れをすみずみまで自動で洗い流すことはできません。

さらにカビがついてしまえば、奥のほうにまで胞子が飛んでしまいますので、分解して洗浄しなければ、取り除くことはできません。

ちなみに、エアコンを分解して洗浄してもらうときには、業者選びが大切になってきます。
実は、エアコンは分解して掃除することを想定して作られていませんので、普通の業者ではエアコンを分解して徹底的に洗浄することができません。

お掃除機能付きエアコンの掃除を依頼するときには、 必ず「お掃除機能付きエアコンを分解して洗浄できますか?」と質問するようにしましょう。



まとめ


お掃除機能付きエアコンは、フィルター表面についたホコリが自動でとれるだけですので、ダストボックスのホコリを捨てる作業がいりますし、定期的にエアコン内部に入り込んだホコリやカビ・油汚れを専門の業者にクリーニングしてもらう必要があります。

ちなみに、おそうじ本舗では、新型エアコンがでたらすべて取り寄せて分解し、掃除のノウハウを全社で共有して日々技術を磨いていますので、あらゆる機種に対応できます。

もし、エアコン掃除で気になることがございましたら、お気軽にご相談ください。


お申込み時に「ブログを見た!」でお掃除グッズプレゼント!!!
IMG_1260
2866390_m
高層マンションでは、マルチエアコンと天井埋め込み型エアコンが標準装備となっていることが多いので、もしかしたらエアコンの掃除が出来ないのでは?と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。

また、ダイレクトウィンドウを採用している高層マンションのご検討をされていて、エアコンの室外機はどうなっている?全館空調?と疑問に思われている方もいらっしゃるかもしれませんね。

そこで、今回は「高層マンションのエアコンは掃除出来ない?」という疑問にお答えしましょう。

高層マンションのエアコンは掃除出来ない?


高層マンションでは大型オフィスビルのような空調を一元管理する全館空調システムは導入しておらず、各戸それぞれに室外機を設置しています。そのため、高層マンションのエアコンは掃除出来ないということはありません。一戸建てや低層マンションと同様だとお考え下さい。

ただし、

高層マンションでは、「マルチエアコン・壁掛けタイプ・お掃除機能付き」「マルチエアコン・天井埋込み型タイプ」を設置しているご家庭が多く、技術力のないエアコンクリーニング業者ですと対応できず、エアコン掃除が出来ません。



では、エアコンの種類によって、どのような掃除方法をとるのか、また注意点などを説明しましょう。

高層マンションのエアコンの掃除での注意点


まず、1台の室外機と2台以上の室内機と接続するマルチエアコンでの掃除方法を説明します。

マルチエアコンが壁掛け型で、お掃除機能がついていない機種の場合、一戸建てや低層階のマンションとエアコン掃除方法は同じです。

エアコンの構造がシンプルであることから大抵のエアコンクリーニング業者でも対応できます。あとは「見える範囲だけでなく内部までしっかりと掃除できる業者」「手を抜かない業者」を選べば大丈夫です。

では次に「マルチエアコン・壁掛けタイプ・お掃除機能付き」と「マルチエアコン・天井埋込み型タイプ」の場合ですが、このタイプのエアコン掃除が出来ない業者は数多くあります。

そもそもエアコンは分解してクリーニングすることを想定していないのですが、特にこの2種類はエアコン構造が複雑です。

エアコンの汚れ・臭いの原因であるホコリ・カビ・油汚れは、フィルターのさらに奥の熱交換器にまで入り込んでいるため、分解して洗浄しないといけません。

エアコンの構造を熟知してない業者が下手に分解するとエアコンが故障しますし、見える範囲内のホコリや油汚れを取るだけでごまかされることもありえます。

お掃除機能付き・天井埋め込み型タイプのエアコンのクリーニングをしたい場合は、エアコンの構造までしっかりと勉強している業者を選びましょう。

2461050_m

高層マンションのエアコンの室外機の掃除は出来ない?


エアコンの室内機は、高層マンションであっても一戸建てであっても掃除方法に違いはないことはお分かりいただけたかと思います。すると気になるのが、エアコン室外機の掃除は出来ないのでは?という疑問です。

結論から言いますと、高層マンションのベランダにエアコンの室外機を設置している場合、問題なく掃除は出来ます。

もちろん高層階では強風がふくことから、風のアオリ対策で設置金具を増やして強度を上げていたり、揺れ止め金具がついていたりします。

しかも、高層階の室外機は低層階に比べると、ホコリだけではなく、排気ガス・花粉・黄砂が入り混じったものや、PM2.5のような汚れも目立ちます。

ですが問題なく掃除出来ますので、室外機の目詰まりがひどいと気になるようでしたら、エアコンクリーニングのオプションをご利用ください。



また、リビングがダイレクトウィンドウであっても、例えば寝室に面したベランダに室外機が設置してあれば掃除出来ますので、お気軽にご相談下さい。

まとめ


高層マンションでも問題なくエアコン掃除は出来ますが、構造が複雑なエアコンである天井埋込み型エアコンやお掃除機能付きエアコンの場合は、分解・洗浄までできる業者を選ぶことが重要になってきます。

おそうじ本舗では、新型エアコンすべてを取り寄せて分解して、掃除のノウハウ・注意点を全社で共有しています。

そのなかでも特に高層マンションからのご依頼が多い大崎店スタッフは、技術力だけでなく、豊富な経験を活かして日々、エアコン掃除をしております。


お困りのことがございましたら、ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。


お申込み時に「ブログを見た!」でお掃除グッズプレゼント!!!
IMG_1260

バスタブに浸かっていて、ふと横をみるとゴムパッキンに黒カビが点々としているのに気づくことってありますよね。気になってよく見てみると、風呂いすや床にも黒カビがあちこちに・・・。

 

まずは重曹とクエン酸で落とそうとしたり、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使ってみたりするかもしれませんね。

 

でも、お風呂の黒カビを退治しようとやみくもに掃除してしまうと、バスタブに傷をつけ、コーティングをはがしてしまうこともあります。

 

そこで今回は、「お風呂の黒カビの間違った掃除方法」をご紹介しましょう
3603586_m

お風呂の黒カビの間違った掃除方法ー換気していない


まず、黒カビが発生しているということは、バスルーム内に「カビの胞子」が漂っている状態です。この胞子が壁などについて繁殖すると、黒カビに成長します。

必ず、換気扇をまわして、黒カビの胞子を追い出しながら掃除するよう、心がけましょう。

お風呂の黒カビの間違った掃除方法ーナチュラルクリーニングのみ


環境や肌に触れても安心ということで、重曹とクエン酸だけで黒カビを落とされようとされる方がいらっしゃいます。

軽い汚れであれば、それで問題なく落ちますが、黒カビには効果がありません。

黒カビを落とすためには、適切な洗剤選びも重要です。

お風呂の黒カビの間違った掃除方法ークレンザーでゴシゴシする


クリームクレンザーや歯磨き粉などでも黒カビを落とせます。

ただし、表面をこそげとっているだけですので、黒カビがしっかりと根づいている場合には効果がありません。

それどころか、クレンザーの粒子でバスタブなどに目に見えない細かな傷が多くつき、コーティングに傷がついてそこからはがれてくる可能性もあります。

1580754_m

お風呂の黒カビの間違った掃除方法ー強力な酸性洗剤


サンポールなどの強力な酸性洗剤は、黒カビで生じた黒ずみをとるにはとても効果的です。ただし、使用するには、注意すべきポイントがいくつもあります。

1つ目は、塩素系漂白剤と併用しないことです。例えば、カビキラーなどの塩素系漂白剤を使っても思うほど黒カビがとれなかったからといって、酸性洗剤を使うと「危険!」です。

パッケージにも注意書きがありますが、塩素系と酸素系が混ざると有毒ガスが発生しますので、注意してください。

2つ目は、床材やバスタブなど素材やコーティングが溶けてしまう可能性があることです。素材が痛むとそこから新たな汚れと黒カビが入り込み、取れなくなってしまいます。

また、肌も痛めますので、「裸足では掃除しない」「ゴム手袋を必ずする」を心がけてください。

3つ目は、数日ほど匂いが残り、頭痛に原因になる可能性があることです。徹底的に洗い流して、換気をし続けていても匂いは残りますので、心づもりをしておきましょう。

お風呂の黒カビの間違った掃除方法ー床や浴槽から掃除開始


よくある間違った掃除方法は、目についた床、浴槽のフチなどから掃除を始めてしまうことです。

ゴムパッキンの黒カビをとっているうちに、壁の黒カビに気づいて、見上げると天井にも黒カビ発見!なんてことがあります。

お風呂の黒カビ掃除には、掃除の順番を守ることが大切です。

上から下へと掃除するのが効果的ですので、天井⇒鏡や壁⇒浴槽⇒床⇒排水口の順番を守りましょう。

一見黒カビがついていないように見える天井にも、胞子は付いています。そのうち成長すると、天井についた黒カビの胞子がバスルーム全体に降り注いできますので、天井もカビ取り処置をしなくてはいけません。

クイックルワイパーに塩素系漂白剤を染み込ませたシートをはさみ、天井をこすります。この時、目に入らないようにゴーグルをはめ、手袋もしておきましょう。

そして、壁・バスタブ・床と下の方の掃除をしていきます。すべて終われば、シャワーを天井からかけて洗い流しましょう。

まとめ


今回は「お風呂の黒カビの間違った掃除方法」を紹介しました。
黒カビがついてまだ日数がたっていないのであれば、市販の塩素系漂白剤を塗布して、正しい手順で掃除すれば、綺麗になるでしょう。

もし、市販の塩素系漂白剤でとりきれない黒カビをどうにかしたい、強力な洗剤を使用して体への影響や素材を痛めることへの心配があるという人は、プロの手を借りるのもおすすめです。

徹底的に黒カビを退治したうえで、防カビコーティングもできますので、綺麗が長続きします。

プロの手を借りて、黒カビに悩まされない快適な生活を送ってみませんか?



お申込み時に「ブログを見た!」でお掃除グッズプレゼント!!!
IMG_1260